転職












転職サイトおすすめランキング


























































リクルートエージェント







転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1









一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報







※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)







各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介







求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら







http://r-agent.com/









まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり







リクナビNEXT・無料登録はこちら













JAC Recruitment-ジェイエイシーリクルートメント-








英語を活かす仕事・外資系企業・海外への転職に強いJAC Recruitment Group




年収800万円以上の求人多数




650人以上のコンサルタントが転職をサポート




希望の業種・職種別に転職支援のプロフェッショナルがバックアップ




今すぐ転職を考えていなくても、今より良い求人があれば転職したい・時間がなく電話で面談したいなど




個人の希望に合わせたカウンセリングが可能







ジェイエイシーリクルートメント・無料転職相談はこちら






https://www.jac-recruitment.jp/












DODAエージェントサービス




転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した



専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、



万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス






DODA 無料転職相談はこちら






https://doda.jp/











パソナキャリア





正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から





キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス




業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人







パソナキャリア 無料転職相談はこちら







http://pasonacareer.jp/














リクナビNEXT







リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ




職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富







リクナビNEXT・無料登録はこちら






https://next.rikunabi.com/








転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら


































































































30代後半転職活動・面接・職務経歴書対策相談

働きながら転職活動するような際は、親しい人に話を聞いてもらう事自体も難題です。無職での就職活動に比較してみて、話を持ちかけられる相手は非常に限定的なものでしょう。
何回か就職試験に挑戦しているなかで、非常に不本意だけれども採用されない場合ばかりで、最初のころのやる気が日増しにみるみる無くなることは、順調な人にでも起きて仕方ないことです。
現行で就職活動中の企業自体が最初からの希望している会社ではなかったために、志望理由自体が見つけられない不安を持つ人が今の時期には増えてきました。
「私が今に至るまで蓄積してきた腕前や特殊性を有効活用してこの仕事に役立てる」というように自分と繋ぎ合わせて、なんとか話しの相手にも論理的に受け入れられるのです。
ひとまず外国企業で就職した人の大部分は、以前同様外資のキャリアを続投するパターンが一般的です。結論からいうと外資から後で日本企業を選ぶ人は例外的だということです。
大抵いわゆる最終面接で問われるのは、今日までの面接の時に既に聞かれたようなことと重なってしまいますが、「志望のきっかけ」がとても多いとされています。
度々面接の進言として「自分の言葉で語りなさい。」といった内容の言葉を耳にします。ところが、自らの言葉で語ることの意味内容がつかめないのです。
外資系の会社で働く人は既に珍しくない。外資系と言えば、以前は中途入社のすぐに戦力となる人を採用する感じだったけれども、至近では新卒学生の採用に野心的な外資系も目につくようになってきている。
やはり成長業界に就職すれば、魅力的なビジネスチャンスがとてもたくさんあるのだ。新規事業立ち上げの機会もあれば、子会社や関連会社を新しく作ったり新しい事業やチームをまかされるなどを担当させてもらえる可能性が高くなるということです。
同業者の中に「家族のコネでSEをやめて転職をした」と言っている人がいるが、ほかの業界から来た男に言わせるとSEだった頃のほうが絶対に百倍は楽だとのこと。
【転職するなら】離職するほどの気持ちはないけれど、できればなんとかして今よりも月収を多くしたいようなことならば、まずは資格取得というのも一つの戦法なのかもしれないのだ。
実際、仕事探しをしていてほしいと思っている情報は、応募先全体の方針あるいは自分のやりたい仕事かどうかなどがほとんどで、自分がやすべき仕事の詳細とは異なり応募する企業そのものを把握したいがための実態ということだ。
【就職活動のポイント】転職活動が新規学卒者の就職活動と完全に異なるのは応募書類の一つである「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位や職務の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうかです。直近までの職場でのポジションや職務内容などを応募先の担当者に分かりやすく、要点をはずさずに完成させる必要があります。
【就活Q&A】転職という、つまりこれまで何度も伝家の宝刀を繰り返し抜いてきた履歴がある人は、もちろん転職した回数も膨らむ。これに伴って一つの会社での勤続年数が短いことが目立ち始めるのだ。
どうにか就職の為の準備段階から面接の場まで長い歩みを経て就職の内定まで到達したというのに、内々定の連絡後の対応措置を間違えてしまったのでは全てがパーになってしまう。